Tazaki Hirono

記事一覧(48)

BSプレミアム 「ベトナム国道一号線 バスで走る1800キロ(2004)」

来週9月17日と18日、ベトナムのハノイ~ホーチミンをつなぐ国道一号線を走る長距離バスで移動する人々に焦点を当てたドキュメンタリーがNHK BSプレミアムで放送されます。そして、スタジオゲストとして我が恩師の岩井美佐紀先生が出演されます!この長距離バス、私も学生時代に幾度となくお世話になりました。最も強烈に記憶に残っているのが、ある年のテト(旧正月)明けにハノイ近郊のニンビン省からホーチミンまで帰ったときのこと。車内はテト休暇を終えホーチミンへ出稼ぎに行く人で溢れ、乗車率は200%超。2列席が両側にあり真ん中は通路ですが、その通路にはビールケースが置かれ、その上にベニヤ板が敷かれていて乗客がぎゅうぎゅうに座っています。私はある年のテトに初めて訪れた地でありがたいことにそれは手厚い歓迎を受けて、勧められるがままに暴食したせいか乗車直前の晩から嘔吐に下痢に襲われてしまい…その状態でこのバスに乗りました。幸い数回嘔吐した後は吐き気は収まりましたが、お腹はそう直ぐには治ってくれません。。脂汗を流しながら半日に1回のトイレ休憩がどれだけ待ち遠しかったか…。遂に我慢できなくなった時には運転手さんに言って止まってもらったことも1度だけありましたが、かなり罵倒されました。夜中だったこともあり車内は寝ている人が多く乗降口から外へ出ることができず、窓を全開にして担ぎ出してもらう羽目に…。考えると移動日をずらせばよかったのにとか、飛行機にすれば良かったのに…と思うのですが、若い時の無謀な感じってすごいです。これは個人的な南北縦断長距離バスのエピソードですが、番組ではベトナムの人々の暮らしを垣間見ることができることでしょう。写真は番組ページより。

日本の絵本、ベトナム語版最新4作品

発行からしばらく経ちますが、モアプロダクションさんから最新4作品が好評発売中です。本日、モアプロダクションから可愛いMOGUちゃんの缶バッジと共にサンプル本をお送りいただきましたので、ここでご紹介させていただきます。今回も面白い作品が揃っています。「あめふり(MƯA RƠI)」は、お馴染みのばばばあちゃんのお話です。なかなか止まない雨に、ばばばあちゃんがあることを思いつきます。雷さまが沢山出てくるあたり、「せんたくかあちゃん」と通ずるところもあります。大雨の日に雲の上で雷さまたちがどんなことをしているか想像しながら読み進めるのも面白いですね。「わたしとわたし(Tớ và Tớ)」は、〇〇した方が自分のためだしやってみよう!と思う反面、面倒くさいなぁと思ったりと、大人にも当てはまる「あるある」話。「ピーのおはなし(CHUYỆN CỦA CÚN PI)」で、私のお気に入りの場面はイチゴが実っている場面。とっても美味しそうです。「ちかてつのぎんちゃん(Bạn tàu điện ngầm Gin-chan)」は、東京メトロ監修の銀座線をモデルにしたお話。銀座線を利用している方には特に身近な作品ですね。数年後には地下鉄が走る予定のベトナムでも、「地下鉄が走るってこんな感じなんだ!」とイメージが湧くでしょう。ベトナムにお住いの方、渡航予定のある方、ベトナム人のお友達にも是非!ベトナムにある書店やイオンモール、ファミリーマートなどのほか、モアプロダクションさんのサイト: Mot sach moguからもご購入可能です!

7月の通訳&翻訳

7月は文芸から司法と、また振り幅の大きい月でした。文芸では童話コンクール(ベトナム語)出展作品を日本語に訳しましたが、作者の表現や発想などとても興味深く拝読しました。登場人物の一人称が英語でいうところの「I(アイ)」にあたる「Tôi」の時、当該人物の行動やセリフや置かれている環境から「私・僕・俺…」のどれが一番しっくりくるか、「You」にあたる「Cậu / Em / Bạn / Anh / Chị」には「あなた・きみ・おまえ・あんた…」のどれが適しているかを考えるのも楽しかったです。ベトナム語に限らず文芸作品の翻訳版や映画の字幕で外国語と日本語を比べた時、粋な訳し方だなぁと思ったり、なんか違和感を覚えたりすることってありますよね。訳し方によって観る人の作品に対する印象はかなり変わるので、そこが文芸翻訳の面白さであり難しさだと感じます。以下、7月に固定の仕事以外で請け負った仕事の備忘録です。翻訳:童話コンクール作品、離婚訴訟書類、機内誌…など校正:技術系日越対照表…など写真は、またまた荷物整理で出てきたもの。2006年2月28日発行のベトナムの日刊紙「Báo Phụ nữ (女性新聞)」7ページ目。「ベトナムで学び求職する外国人女性」の記事です。2度目の留学で在学していた大学院は学生のほとんどが社会人入学で、社会学部だった私のクラスは26名のうち学部を卒業してそのまま進学したのは私1人でした(外国人も私1人)。1つ上の学年に新聞記者の方がいて、私について記事を書いてくださいました。久しぶりに読み返してみると、当時のことが蘇り懐かしく感じました。取材していただいた時に困ったのが、写真。記事に掲載する用にスナップ写真を提出することになったのです。当時使っていた携帯は現地でも一番安かったガラケーでカメラなしのNOKIAの機種でしたし、大学とバイト先、家を往復する毎日で改めて写真を撮ることもなく、「イイ感じ」の写真など全くありませんでした。手元にあった数少ない写真から何とか選んだのが紙面下部にある写真…。愛車の黄色いバイクにまたがりブーゲンビリアや草木をバックに引きで撮った写真なのですが、顔のアップが切り取られ掲載されたためぼやけています…。髪の毛は当時のベトナム女子で主流だった?ロングにストレートパーマをかけてベトナム人学生に見間違われるほどでした。上段にはフランスから留学していた大学3年生の女性について記載されているのですが、この女性の写真がまたキレイなのです。斜めに構えて教科書を手に取り、とてもキマッテいます。欧米は写真を撮り&撮られ慣れている方が多いですよね。私もいつか素敵な宣材写真を…。写真についてばかり書いてしまいましたが、記事の内容はベトナムにおける労働者の権利保障について関心を持って研究しています、みたいなことが書いてあります。

聴解&読解 おすすめの学習方法(中・上級)

今回「実用ベトナム語技能検定試験」を受験してみて、過去問や対策本がない中で、効果的なのではないかと個人的に思うおすすめの学習方法を紹介します。ここで紹介する学習方法はベトナム語の基礎がある方でもっと聴解や読解をレベルアップしたいという場合や、ネイティブのベトナム語に慣れたいという方に向けたものです。お時間のある時に是非お試しください!【長文読解】オンラインニュース。現地では日刊紙としても広く読まれている新聞社のオンライン版です。いきなり現地の時事ニュースを読むのはハードルが高いと思いという方におすすめなのが、国際ニュース。日本でも報道されているニュースと照らし合わせて読み進めれば全体像も掴みやすいはず。記事に出てきた新出単語を単語帳にまとめておくと、ただ単語を暗記するだけでなく「あぁ、あの記事に出てきた単語だな」と覚えやすいです。国際ニュースは堅くて気が進まないという方には、三面や社会ニュース。ニュースの一覧から面白い写真や衝撃的な写真がついている記事を選んでみるとはかどるかもしれません。●THANH NIÊN:以下にURLを貼っています。●Tuổi Trẻ online:誤った情報を報道したとして現在活動停止処分中ですが、10月17日~は活動が再開される見通しです。

実用ベトナム語技能検定試験

実は…6月24日(日)に都内で実施された「第2回 実用ベトナム語技能検定試験」の2級と3級を受験しました。これまでタイ語やインドネシア語は検定試験がありましたが、ベトナム語にはなかったため(現地大学で受験できる能力試験はあります)、ベトナム語のレベルを客観的に評価することが難しいという現状がありました。今後、この検定試験がスタンダードとなっていくのか?以下に、受験してみた感想をまとめてみました。2017年6月に第1回(準6級~2級)が実施され、1級は冬季に実施すると予告されていたので、ベトナム語を生業にしているものとして1級の受験を検討していましたが、噂で聞くところによれば受験者が集まらなかったとかで実施が見送られたようです。そこで今回2級と3級を受験し、無事に合格することができました。合格は当然、満点合格するべきところ、残念ながら満点は取れませんでした。しかし、ぶっつけで9割程度は取れたので、「試験慣れ」さえすれば満点も無理ではないかなぁという感触です。と言うのも、私は事前に受験経験者に話を聞くことも試験対策の勉強も一切なく、出題形式が全く分からない状態で受験したせいか、午前中に受けた3級の方が午後に受けた2級より難しく感じたためです。(難易度は2級の方が上なはず…)【リスニング】は、問題用紙に選択肢(写真・文章・記号)が記載されている問題や、選択肢がなく音声のやり取りや質問を聞いて正しいと思う回答をマークシートで塗りつぶす形式があり、「え?なになに?どうやって答えるの?」と考えているうちに音声がどんどん進んでいってしまいました。私はリスニングは得意な方で検定の問題も特に難しくは感じませんでしたが、スタートでつまずいた感がありました。。。【語彙】は、覚えるしかないですね…。個人的には単語を単体でひたすら暗記するより、長文読解や構文の中で増やしていく方が覚えやすいかなぁと。【文法】は、いわゆるフォーマルな文章で書かれている語順とは異なり、どちらかと言うと砕けた口調(倒置法のような?)での語順に並べ替えさせる問題が多かったように感じます。普段フォーマルな文章を翻訳することが多いせいか、思い込みでフォーマルな語順に並べていくと最後に単語が変な風に残ってしまったり、違和感のある文章になったりして、ここは少し手こずりました。【読解】は、確か新聞記事が引用されていたと思います。私は普段から仕事で新聞記事を毎日読んでいることもあり、「長いっ!」と感じることはなく、難易度もそんなに高かったようには感じませんでした。これはやはり英検やTOEIC、TOEFLと同様に長文を読むことに慣れ、かつ速読できるようになる必要がありそうです。この「実用ベトナム語技能検定試験」がスタンダードとなっていくのかはまだ分かりませんし、今後新たな検定試験が登場する可能性もあります。実用ならばスピーキングがあった方がいいような気もしましたし、現状では出題範囲もいまいち明確でないのがネックではありますが、力試しに受験してみては?というのが感想です。ただし…以前に、日本語能力試験の1級に2度合格したことがあるというベトナム人の男性と一緒にお仕事をする機会があり、こちらの言うことがなかなか伝わらなかったり、男性の言うことをこちらが理解できなかったり…という問題にぶつかったことがありました。「1級」と聞くと読み書き会話をネイティブに近いレベルでできると思いがちですが、「試験慣れ」しているのと、「実地」はまた別物…ということも⁉第3回は2019年6月23日(日)に実施予定とのこと。学習者の方は挑戦してみては?

6月の通訳&翻訳

5月中旬~7月中旬はプライベートが実に忙しく、7月下旬の今になってやっと落ち着いてきました。このため6月は固定のお仕事以外はほぼほぼ休業状態でした。前回の投稿でも書きましたが、物理的に落ち着かず気持ちもソワソワしていると仕事に支障をきたしやすくなってしまうので、ここは割り切って単発のお仕事は見送らせていただいていました。しかし6月には、5月お受けしたお仕事の1つが広く多くの方々のお目に触れる機会がありました。それは人の人生にかかわる非常に責任の重い翻訳のお仕事でしたので、原文に忠実で正確な翻訳は当然ながら、いかに文章を作成した方の想いや考えを読み手に直接感じ取ってもらえるかを念頭に置きながら取り組ませていただきました。そして、6月にその成果品をご覧になられた方々の反応を目に耳に感じ、翻訳者という仕事の大切さや遣り甲斐、影響力を実感しました。大げさな言い方かもしれませんが、この先も社会や人々のお役に立てるようなお仕事をしていきたいものです。以下、6月に固定の仕事以外で請け負った仕事の備忘録です。翻訳:健康診断問診票、離婚訴訟書類…など校正:企業紹介資料、技術系タッチパネル日越対照表…などベトナム語レッスン:大学生(初学者)向けベトナム語講座写真は1枚目が大学入学時にクラス全員が購入した日越&越日の辞書(左)と、院生時代に書店でたまたま見つけて「これは使える!」!と思って購入した、幅広い語句が厚さ1cmに凝縮された辞書(右)。どちらの辞書もベトナムのものです。2枚目は、右の辞書の目次。10数年前と比べれば今は日本で出版された辞書も複数あり選択肢も随分増えましたが、左の辞書はこのサイズ感と語彙数(変な訳語もありますが…)はなかなか好みです。右の辞書を購入したのは確か2006年頃ですが、当時でこのクオリティは驚きでした。日本で暮らすベトナム人が目の当たりにする語彙がコンセプトなのでしょうか、福利厚生や近所づきあい、医療まで…幅がすごい!紙ベースの辞書を引かなくなり、荷物整理をしていて久々に手に取ったこの2冊、本棚の良く見える場所に入れ直しました。

慣れた仕事こそ気を引き締めて…

6月はプライベートでずっとバタバタと過ごしています。そのため、単発の通訳翻訳のお仕事はセーブしつつ固定のお仕事を中心に動いているのですが、実は先日、10年来お世話になっている方から渇を入れていただきました。自分でも薄々は気付いていましたが、気持ちの余裕のなさが仕事にも表れてしまっていたんですねぇ。。ドキッ!ヒヤッ!としつつも、とても有り難く感じました。フリーランスになると、組織で働く時と違って上司や同僚、部下がいませんし、普段の仕事の様子を見て指導や助言をしてくれる人も側にいません。単発のお仕事はその都度が新しい分野だったり、新しいクライアントだったりするので緊張度合いが高い一方で、固定のお仕事はルーティーン化され緊張感が薄らいでしまいがちです(私の場合)。下半期はまた忙しくなる予定なので(うまくいけば)、2018年残り半分、気を引き締めて精進したいと思います。。写真はホーチミン市1区の家具付きローカルアパートに住んでいた頃の私。2006年~2007年ぐらいでしょうか。6月のバタバタの1つに荷物整理があり、その中で数年ぶりに開いたアルバムに貼られていたもの。大学入学時に父に買ってもらったPC(VAIO)が時代を感じさせます。手前の丸椅子に越英辞書、手元に電子辞書、奥の丸椅子には文献だか資料があるようなので修論を書いているところか。あるいは、手元にA4の紙もあるので修論執筆の合間にアルバイトで請け負った翻訳をしているところかもしれません。ホーチミンでの院生生活を思い出す懐かしい一枚です。

初学者の学生さん向けベトナム語講座

今月はご縁あって、都内私立大学2年生10名の方に、全5回でベトナム語講座を受け持たせていただいています。学生さんたちは大学の授業の一環でこの夏に2週間の海外研修があり、複数の国からベトナムを選択された方々で、ベトナム語に触れるのは初めてとのこと。私は一時期、語学学校でベトナム語入門レベルのクラスを担当したり、ベトナム人技能実習生を受け入れている企業の日本人社員の方向けに簡単なベトナム語のレッスンをさせていただいていました。しかし、フリーランスになってからはもっぱら通訳翻訳をしているので、ベトナム語を「教える」のは数年振りです。そこで、以前作成したレジュメや教案(と言えるほどのものではない…)を引っ張り出して、今回の講座用に作り直しました。今回は60分×5回でしたので、授業担当の先生にご相談しながら講座の内容を決めさせていただきました。先生のご要望として、1)発音を徹底する、2)越日の辞書が引けるようになる、3)自分の意思を伝えられるようになる、がありました。そのため、自己紹介のほか現地であり得るだろう場面を想定して以下のような内容にしてみました。-自己紹介の基本:AはBである(A là B)-Yes Noで回答する基本的な疑問文(Có ~ không ?)-自分の欲求(~がしたい/muốn、~が好き/thích)の伝え方と相手への訊き方- 「こそあど / này, đó, kia, nào 」を使った疑問文(これは何ですか? / Cái này là cái gì ?)-場所を訊く(~はどこですか? / ~ ở đâu ?)そして、上記の構文の例題に加えて動詞や名詞の一覧表をお配りしました。前述の通り、「辞書を引けるようになる」というご要望に合わせて、一覧表にはベトナム語のみを記載し、対照する日本語は皆さんご自身で辞書を引いていただくかたちをとりました。ベトナム語は声調が6つもあるため、本来は発音練習だけでかなり時間を取りますし、60分×5回という限られた時間で上記の全ての項目を一度に覚えることは難しいと思います。それでも、例えば現地のホストファミリーや友人に食事に連れて行ってもらった時に「何が食べたい?」「美味しい?好き?」と訊かれた時、一緒に遊びに行った先で「楽しい?」「疲れた?」と訊かれた時、ベトナム語で分からない単語を言われてその意味を訊ねる時、市場やデパートで店員さんとやり取りをする時…などに少しでも役に立てば、という想いでレジュメを作られていただきました。海外研修が皆さんにとって実りあるものになることを願っています。写真は動詞一覧表。体の部位ごとに動詞をまとめています。これ自体は単語数が少ないので、余白部分に新しく知った動詞を随時書き加えていきます。

5月の通訳&翻訳

5月はGW+αで休業したため、本当にあっという間でした。会社勤めの頃は5月病というほどのものではないですが、5月はのんびりした休暇と慌ただしい日常の狭間でなんとなく溜息が出てしまっていました。しかし、フリーランスになってからはそれがなくなりました。やはり自分で選んだ好きな仕事をしているからかなぁと思います。また、休業と言いつつ、1日2,3時間は固定の翻訳作業に充てたり、プライベートで仕事に関連した場所行ったり、人に会ったりもするので、プライベートと仕事の境界線が薄い?ギャップが小さい?せいもあるかもしれません。今年はGW明けに実家から帰京した夕方に刑事事件の仕事が急きょ入りましたが、不思議と現実に引き戻された「うわぁ、仕事か…」感がありませんでした。ただ、風にそよぐ木々の音やキジの声が聞こえていた田舎から、色々な電子音や人が溢れる日本一利用者が多い駅へ移動したばかりだったためか、目が回って人に酔った感じがしたのは大げさでしょうか。最近になって時々入る仕事が電話通訳。「今から通訳をお願いできますか?」と急に始まるのですが、自宅で翻訳をしながらもお受けでき移動時間もないのでなかなか良いです。良いのですが…時々困るのがご近所さんのワンちゃん。とっても可愛いおばあちゃん犬で、日中はお庭に放されているのでよく撫でさせてもらいます。そのおばあちゃん犬の声が良く通るんです!しょっちゅう啼くわけではないのに、通訳をしている時に限って…。そのような時は家の中の一番静かそうな場所へ一時的に避難します。いつも尻尾を振って寄って来てくれる、憎めないワンちゃんです。以下、5月に固定の仕事以外で請け負った仕事の備忘録です。通訳:身柄受け調べ、被疑者の弁護士接見…など翻訳:刑事事件意見陳述書、民事事件質問書&回答書(日↔越)、技術系アンケート回答…など校閲:カスタマーサービスタブレット…など写真は最近増えた電話通訳をする時の机の上。相手の声と私の声が良く聞こえるようiPhoneのスピーカーを上に向けているので普段とは逆さまに。手前にはいつものノートとペン、途中で電話を切り待機時間ができることもあるので、いつでも翻訳の仕事も進められるようPCを立ち上げています。PCの壁紙は五味太郎さんの絵本の1コマ。デスクトップ上にファイルは置かずクラウド管理する派です。

4月の翻訳&通訳

月末からゴールデンウイークになるので、いつもより早めに今月のまとめです。新年度は出会いの季節ですが、私も新しいご縁や思わぬ繋がりがあり新鮮な1か月でした。初めてお会いする方でも、ちょっと話しただけで「話が合うかも」と思ったりするものですよね。その話を姉にしたら「そりゃ野生の勘よ!」とのことでした。確かにそういう勘ってあるかもしれませんね。4月は通訳も翻訳も新しい内容が多い月でした。緊張もありつつ知識や経験が蓄積される感じが好きです。新しいご縁で知り合った方とお互いの仕事について話した時に、「業務上冷静でなければならない場面に感情が揺さぶられてしまったりしないか?」と訊かれました。今月お受けした仕事の中にも色々と感じるものがありました。通訳翻訳マシンではないので、仕事の中で喜びや驚き、怒りに疑念、哀しみ…などを感じることもあります。それを感じることが悪いとは思わないのですが、あくまで黒子として業務に徹するに限る!と個人的には思っています。もちろん、通訳する対象者と同じテンションで通訳する方が適している場合もありますが。以下、4月に固定の仕事以外で請け負った仕事の備忘録です。4月の通訳&翻訳通訳:在留資格取消、留学生向け法的講習、実態調査…など翻訳:刑事事件意見陳述書、弁護受任通知書(越→日)、メディア記事、戸籍謄本…など校閲:技術系マニュアル、絵本…など写真は先日お仕事で初上陸した駅。片道1時間半以上かかり、なかなか遠かったです。フリーランスをしていると赴く先も様々。産業振興センター駅は横浜シーサイドラインの駅なんですが、駅構内のあちらこちらに同鉄道の女性キャラクター(柴口このみ)が描かれていました。柴口さんは同鉄道沿線の出身で泳ぐことが大好きだそう。名前も同鉄道の複数の駅名を組み合わせられているようです。ご興味のある方は検索してみてください!