Tazaki Hirono

記事一覧(61)

12月の通訳&翻訳

最近毎晩8~9時頃になると、「火の用心」の掛け声と拍子木を「カン!カン!」と鳴らす音が聞こえます。先日は家の目の前にある幼稚園から少し煙くていい香りと「よいしょ!よいしょ!」という可愛い掛け声に合わせて「ストン!ストン!」とお餅をつく音が聞こえてきたり…師走を感じます。今年のお正月、実家がある金沢に伝わる新年のお菓子:辻占い(米粉とお砂糖でできた干菓子の中にその年の運勢を表すお言葉が書かれている)で、「七転び八起き」と「あきらめない」が出たのですが、今月はこの2つの言葉を凝縮したようなひと月でした。というのも、今月は言いようのない腹立たしさや悔しさでを感じることがありました。何か仕事で失敗したり挫折して転んだわけではないですが、しばらくの間クヨクヨ、ウジウジしてしまっていました。しかし、同業の友人や家族に話を聞いてもらいすっきりしました。また、尊敬するある方のお話で「昇華」というお言葉を聞き、つまらないことに気を取られず心身を研磨し続けよう…と思い直しました。そんな時に、3年近く動いてきたもののなかなか進展がなかった個人的な企画について朗報が舞い込み、何事も想い続け行動し続ければ遠回りでも目標や夢に近づくことができると実感しました。来年中にはこの案件についてお知らせできる日が来ることを願い、せっかく掴んだチャンス、全力を投じていきます。以下、12月に固定の仕事以外で請け負った仕事の備忘録です。通訳:被疑者接見、在留資格違反審査翻訳:企業定款、企業ホームページ、一般手紙、技術アンケート、絵本…など校正:絵本、顧客向けタッチパネル、プレゼン資料…など写真は私の今年の漢字一文字「甘」。これは味覚の「甘い」ではなく、家族に「甘えさせてもらった」年という意味合いで選びました。(因みに昨年は「動」)。今年は家族の言葉や行動、そのほかもろもろのサポートを有難く受けて、普段行けないような場所へ連れて行ってもらい貴重な体験をしたり、住まいを移したり…。お陰で仕事に対する想いを新たにできたり、精神衛生上とても良い環境で仕事をできるようになりました。単に家族に「甘え」るのではなく、現状に「甘んじる」のではなく、家族から得たサポートを必ず来年以降の活動に生かしていきたいと思います。

11月の通訳&翻訳

11月はこれまで漠然と「やってみたいなぁ」と思っていたことを、近い将来に実現すべく考えたり動き始めたりしました。フリーランスは会社勤めの時と違って、考えていることを分かち合ったり相談する同僚や上司のような存在が身近にいません。大げさかもしれませんが、フリーランスの仕事は長い道のりを1人で走り続けるマラソン選手のように…孤独であったり、自分との闘いだったりします。その中で、フリーランス仲間はとても大切な存在です。普段から密に連絡を取っているわけでなくとも、ふと連絡を取ろうと思ったタイミングが同じだったり、久々に会ってゆっくりと話をしながら通訳や翻訳に対する思いを共有できる時間はとても貴重で、自分のやりたいことや好きなことに改めて気付いたりもします。11月は特にそんな月でした。十人十色、三人寄れば文殊の知恵、色々な言い方がありますが、フリーランス仲間とのご縁に感謝しつつ、色々と意見を出し合い計画を練っているところです。以下、11月に固定の仕事以外で請け負った仕事の備忘録です。翻訳:鉄道関連、一般手紙、公文書…など校正:翻訳アプリ、技術プレゼン資料…など写真は通訳には喉が大事だろうから!と友人がくれた、老舗ブランド森下仁丹の「鼻・のど甜茶飴」。結構効く気がします!私は子供の頃から風邪はいつも喉からで、すぐに39度を超える熱を出していました。大人になってからは熱の頻度は減りましたが、この数年は喉がイガイガすると思った翌日には声枯れするようになってしまいました。また、連日の通訳の後には声枯れを起こすこともしばしば。そのため、いつも喉から風邪をひく人用の風邪薬やイソジン、ビタミン剤、のど飴は私の常備薬になっています。一昨日も夕方から喉が怪しくなってきたので、イソジンでうがいをしたりハチミツとレモンをお湯で割って飲んだりマスクをして寝たのですが、案の定、翌朝は声が出ませんでした。。そして、こんな時に限って通訳のお仕事を振っていただきましたが、残念ながら見送ることにしました。。仕方がないので風邪薬を飲んでこまめにうがいをして、こののど飴を舐めています。メンソールが強めですっきりしますし、イガイガ感もだいぶ和らぎます。今までは龍角散ののど飴を舐めていたのですが、この「鼻・のど甜茶飴」もお気に入りになりました。パッケージも可愛いですよね!ドラッグストアではあまり見かけないのですが、なぜかファミレスのレジ横では何度か見かけました。通販もできるようです。

東京外大×青学 ベトナム語 『司法通訳養成講座』 2019年4月開講

遂にベトナム語で司法通訳を学べる日が来ました!!東京外国語大学と青山学院大学が連携し、2019年4月から『司法通訳養成講座』を開講するそうです。これまでも司法通訳養成講座は司法通訳の組織団体などでもありましたが、英語・中国語・スペイン語などが主流でした。が、遂にベトナム語の講座が登場です!!この講座は、スペイン語・ポルトガル語・ベトナム語の3言語で定員は合計20名程度。募集期間は2018年12月15日(土)~2019年1月20日(日)で、書類選考に通過した人のみ筆記と口述試験に進み受講者が選考されるようです。1年間、毎週土曜日の朝から夕方まで、概論からロールプレイまでみっちり司法通訳の講義を受けられます。実務経験はあるものの、基礎からしっかりと学びたい…と思っていた私がずっと求めていた内容の講座なので、是非受講したい!!と熱が上がりましたが、毎週土曜日の朝~夕のスケジュールを1年間確保することは私にはどうしても難しく…泣く泣く断念です。日本に暮らすベトナム人が激増している今、ベトナム語の司法通訳の需要は高まっています。私自身、入管や弁護士会で通訳をしていますが、ベトナム語通訳人が不足しているという声はとてもよく聞きます。受講には選考試験があるので誰もが受講できるわけではないですが、現役で司法通訳をされている方や司法通訳を志している方には是非ともおすすめしたい講座です!

10月の通訳&翻訳

今日は北海道で128年振りに遅い初雪を観測したそうです。東京も立冬の直後は暑いくらいの日もありましたが、この数日はだいぶ寒くなってきました。朝起きるのが辛くなったり夜なべをする手足が凍えたりもしますが、朝家を出て冷たい風にあたりながら歩いていると頬っぺたが冷たくなる感じが気が引き締まって好きです。特に太平洋側の冬は寒くても空がすっきりと晴れて真っ青なのがたまりません。10月は通訳で外出することが多かったほか、プライベートでも友人と会う機会が多い月でした。なかでも、お仕事を通じて知り合いご挨拶で1度お会いした以外はずっとメールでやりとりしていた方と初めてゆっくり食事をしながらおしゃべりをする機会がありました。その方もホーチミンに長く住まれていた方で同世代ということもあってとても盛り上がり、気付けば4時間もぶっ通しで話していました。それがきっかけで、ホーチミンに住んでいた頃に夢中になったベトナムのテレビドラマを見返し始めてからというもの、頭の中はベトナム一色に。数年前までは自宅での食事は9割がベトナム料理だったのが最近は和洋中になっていたのですが、ドラマを見始めてから自宅での食事もベトナム料理が中心に…。さらには頭の中での独り言までがベトナム語。影響されやすい自分に失笑です。以下、10月に固定の仕事以外で請け負った仕事の備忘録です。通訳:鉄道関連技術、介護系展示会視察…など翻訳:童話コンテスト書評、機内誌、絵本、軍事関連記事…など校正:絵本、ストレスチェック、水道システム、喫煙所案内…など写真はこの数カ月の間に我が家に仲間入りした書籍。幼児向け絵本に大人向け絵本、高齢者が手に取るようなエッセイ、映画の原作本、ガイドブッグ、ベトナムに関する硬い専門書籍と、ジャンルはばらばらに見えて全て今私が興味を持っている分野。自分で購入したのはこのうち4冊で、あとはいただきもの。熟読済みもあれば、斜め読み済み、手つかずのものがあります(汗)

11月20日「先生の日」には感謝を伝えて!

11月20日は、ベトナムでは「Ngày nhà giáo Việt Nam / ベトナム教師の日」です。ある程度の年齢(自分たちの意思で相談決定できる)の生徒や学生は、先生の日にはお金を出し合って先生にお花や日用品などをプレゼントして日頃の感謝の気持ちを伝えます。既に定年退職した先生の元へはみんなで先生宅を訪問することもよくあります。幼稚園では保護者達が合同で先生方にお花を贈ることもありますが、各々がプレゼントを用意して個別に贈ることが多いと聞きます。贈り物は物品の場合もあれば、お札を花の形に折った花束を贈ることもあるそう。一般的な日本人の感覚だと敬遠しがちなお金の贈与ですが、お金の額で子供に対する扱いが変わるのだとか…(実態は不明)。ここまではプレゼントについて書きましたが、モノではなくとも日頃の感謝の気持ちを込めて手紙なりメールを送るのも良いでしょう。ベトナム語学習者の方ならば、勉強の成果を先生に見ていただける絶好の機会です。感謝の気持ちを伝えるのが目的なので、細かな文法や単語はあまり気にせずに自分の言葉で想いを綴るのが良いと思いますが、日本語と同様にベトナム語の手紙にも前文(挨拶など)・主文・末文(結びの言葉)があります。主文には日頃の感謝の気持ちを自分の気持ちで綴り、前文と末文はいわゆる「定型文」があります。前文と末文をしっかりと書ければ、文章全体に締りがあり「こなれ感」の手紙に仕上がります。もちろん定型文をそのまま使ってしまうとせっかくの手紙に「コピペ感」が出てしまうので、定型文を参考にしつつ自身のシチュエーションに合わせて変形させて使うのがおすすめです。そこで、「定型文」の探し方ですが、インターネットで「Những lời chúc  / お祝いの言葉」+「Ngày nhà giáo / 教師の日」のキーワード検索するとサンプルが沢山出てきます。この検索は「Ngày phụ nữ / 女性の日」や「Tết / 旧正月」など様々なオケージョンにも応用できますので、是非ご参考ください。

機内誌 『HERITAGE Japan』 (OCT-DEC 2018)

ベトナム航空の機内誌『HERITAGE Japan』の最新号(OCT-DEC 2018)で、ライフスタイル「時をかけるオートバイ」と、ベトナムの民話「トゥ・トゥックと妖精」を翻訳させていただきました。「トゥ・トゥックと妖精」は日本で言うところの「浦島太郎」のようなお話。聞くところによると韓国にも似たような言い伝えがあるそうで、ほかのアジア諸国にも類似した物語があるかもしれませんね。「時をかけるオートバイ」では恐らくオートバイ好きの人ならば万国共通のバイク愛について書かれています。私自身はオートバイには縁遠いのですが…ホーチミンで暮らしていた頃の愛車はYAMAHAのスクーター型の黄色いバイクでした。市街地は酷い渋滞や排気ガスに砂ぼこりなど悩まされることも多いものの、やはりバイクには自転車や車にはない魅力がありました。まして日本では電車とバスの生活なので、バイクを乗り回していた頃が懐かしいです。さて、話はバイクの魅力からだいぶずれますが…実は…ホーチミン時代に愛車のエンジンを覆うカバー部分?に巨大なドブネズミに住みつかれてしまったことがありました。住んでいたローカルアパートの駐輪場か、職場の廃墟のような古いビルの地下駐車場から私のバイク内部に忍び込んで暖を取っていた?みたいです。駐輪場にはバイクが数えきれない程駐車されているのに、いつも私のバイクの脚を置くスペースにネズミのフンが落ちていたのです。ネズミが嫌いそうな消臭剤をバイクに吹きかけたり、座席部分の収納スペースに防虫剤を入れたりしてもフン被害が続き…。ある日、駐輪場に行くと今までに嗅いだこともないような異臭が漂い、バイクに乗って道路を走っていても異臭が付いて来るという不可解な現象が起きました。「私のバイクが異様に臭い」と相談した相手に嗅いでもらうと「うわぁ~⁉こりゃ、ネズミが中で…」ということ。急きょ洗車屋さんへ行きバイクを解体してもらうと、店員さんやご近所さんも顔をしかめる恐ろしいことになっていました。私はあまりの恐怖に現場を見ませんでしたが。。。これまでに何人ものベトナム人にこの話をしたことがありますが、同じ経験をしたことがあるという人には未だ出会っていません。

9月の通訳&翻訳

9月は硬い文章の翻訳や校正が多い月でした。それに伴い調べ物に時間をかけての作業でしたが、その分終わると達成感がありました。この秋は「入るかもしれない」と思っていた仕事が「入らなかった」ので…良いんだか悪いんだか比較的とのんびり過ごすことになりそうです。とは言え、別のお仕事が入ってきたりもしているので、捨てる神あれば拾う神あり…。ここのところ、身体が空かず通訳のお仕事を振っていただきながら見送らせていただくことが多い一方で、ボリュームのある翻訳や調べ物盛りだくさんのお仕事をいただく機会が多いです。そこで、ちょっと気にしているのが出不精になってきているのと、通訳用の耳と口が鈍りそう…ということと。翻訳は日中はのんびり&夜間はがっつり作業をしたり、早起きして朝ごはんもお昼ごはんを抜いて夕方までエンジン全開で作業したり…その時々のスケジュールや体調や気分によって変えられる今流行りの「裁量労働制」で取り組めますが、オンオフの切り替えが難しい。一方で通訳は現地へ赴き半日ないしは終日、脳みそも口もフル回転ですが、帰宅すれば完全なオフになります。それぞれ魅力がありますが、最近は在宅作業が多いせいか腰が重くなりつつあり…私大丈夫かしら…とふと思ったりする時があります。いざ、現場に着いて動き出してしまえば平気なのですが、通訳と翻訳の業務量のバランスはなかなか難しいです。10月は通訳の割合が多くなりそうなので、翻訳から通訳へ脳みそと身体の切り替えをしなければ。。以下、9月に固定の仕事以外で請け負った仕事の備忘録です。翻訳:情報番組、貸借対照表、損益計算書、童話コンテスト書評…など校正:雇用契約書…など写真は普段使っているペンケースと、その中に常備している印鑑3種。お客様の元へ赴き通訳や翻訳をするオンサイト業務の場合、その場で誓約書や請求書、業務報告書などに署名・捺印することがよくあります。そのため、印鑑は常に持ち歩いています。左から訂正印(苗字)、認印(苗字)、丸印(氏名)。私は個人事業主として屋号をつけていないので、丸印には氏名しか彫られていません。また、この丸印は印鑑登録はしていないので実印としては使っておらず、前述のフリーランスの仕事でお客様やエージェント様と交わす書類に押印する時に使っています。書類への押印は認印でも構わないのですが…かねてから、対企業や対士業の先生方と交わす書類を見た時に自分のところだけ小さな認印だとちょっと寂しい感じがするなぁと思っていました。そして先日、プライベートで実印を作らなければならなくなり、ついでに仕事用の丸印も作ったという訳です。例によって単なる自己満足なのですが、フリーランスを続けるには自分で仕事環境や気持ちを整えることも大切だと考えています。。

8月の通訳&翻訳

8月はテレビ番組のオンサイト翻訳やベトナム政府の公文書の翻訳など…のお仕事をいただきましたが、基本的には旅行や休養の合間に仕事をした1か月でした。もちろん仕事はしっかりと取り組ませていただきました。旅行とまではいかなくても、普段と違う環境に身を置いてみることも大切だなぁと実感しています。旅行先があまりに楽しくて、帰宅後も余韻に浸りフワフワした日常が続くこともあるのですが…今回の旅行では新たな気持ちになったり、旅行時の活動的な流れを利用して仕事やプライベートでもいつになく行動力が増しました。さて、在宅で仕事をする際にとっても大事なのがネット環境です。実は7月に引っ越した都合でネット環境に問題が生じてしまい、これはいけないとWiFiから有線にネット契約の乗換えをしました。これまではWiFiルーターで十分だったのが、転居先が南北に長い間取りのためか?上りも下りも通信速度が極端に遅くなってしまったのです。データのアップロードもできなくなり、ルーターとは別の部屋に置いているプリンターに電波が届かず印刷できなくなったり。。携帯電話やネットの契約、PCの買い替えなど…家電量販店に行くといつもぐったり疲れるので、普段はあまり行かないようにしているのですが、今回は同じ会社内での乗換えだったこともあり案外早く手続きが終わりました。有線にして家の中でWiFiに接続するようにしてからは、仕事もサクサク進みとても快適です。以下、8月に固定の仕事以外で請け負った仕事の備忘録です。翻訳:情報番組、ベトナム政府政令、童話コンテスト書評、軍事関連報道記事…など校正:絵本…など写真は自宅で作業をする時の仕事道具一式(1枚目)と、それを入れているバッグ(2枚目)。フリーランスで仕事をされている方は書斎や仕事机で作業をすることが多いと思いますが、私はその両方ともありません。書斎が必要なほどモノもありませんし、都心の狭小住宅住まいには書斎は夢の話。仕事机は置けなくはないですが、狭くなるのが嫌なので置いていません。チェストの上がPCや仕掛案件の資料などの定位置だったのですが、先日、ネットサーフィン中に名前入れバッグを見つけてポチッと注文しました。2005は本格的に翻訳業を始めた年です。その時の状況や気分によって、バッグを持ってダイニングテーブルやローテーブル、ソファに移動して作業をして、終わったらガサガサッとバッグに入れて目に入らない場所にしまうようにしました。気分の切り替えにも効果的でなかなか気に入っています。