実用ベトナム語技能検定試験

実は…6月24日(日)に都内で実施された「第2回 実用ベトナム語技能検定試験」の2級と3級を受験しました。これまでタイ語やインドネシア語は検定試験がありましたが、ベトナム語にはなかったため(現地大学で受験できる能力試験はあります)、ベトナム語のレベルを客観的に評価することが難しいという現状がありました。今後、この検定試験がスタンダードとなっていくのか?以下に、受験してみた感想をまとめてみました。


2017年6月に第1回(準6級~2級)が実施され、1級は冬季に実施すると予告されていたので、ベトナム語を生業にしているものとして1級の受験を検討していましたが、噂で聞くところによれば受験者が集まらなかったとかで実施が見送られたようです。


そこで今回2級と3級を受験し、無事に合格することができました。合格は当然、満点合格するべきところ、残念ながら満点は取れませんでした。しかし、ぶっつけで9割程度は取れたので、「試験慣れ」さえすれば満点も無理ではないかなぁという感触です。と言うのも、私は事前に受験経験者に話を聞くことも試験対策の勉強も一切なく、出題形式が全く分からない状態で受験したせいか、午前中に受けた3級の方が午後に受けた2級より難しく感じたためです。(難易度は2級の方が上なはず…)


【リスニング】は、問題用紙に選択肢(写真・文章・記号)が記載されている問題や、選択肢がなく音声のやり取りや質問を聞いて正しいと思う回答をマークシートで塗りつぶす形式があり、「え?なになに?どうやって答えるの?」と考えているうちに音声がどんどん進んでいってしまいました。私はリスニングは得意な方で検定の問題も特に難しくは感じませんでしたが、スタートでつまずいた感がありました。。。


【語彙】は、覚えるしかないですね…。個人的には単語を単体でひたすら暗記するより、長文読解や構文の中で増やしていく方が覚えやすいかなぁと。


【文法】は、いわゆるフォーマルな文章で書かれている語順とは異なり、どちらかと言うと砕けた口調(倒置法のような?)での語順に並べ替えさせる問題が多かったように感じます。普段フォーマルな文章を翻訳することが多いせいか、思い込みでフォーマルな語順に並べていくと最後に単語が変な風に残ってしまったり、違和感のある文章になったりして、ここは少し手こずりました。


【読解】は、確か新聞記事が引用されていたと思います。私は普段から仕事で新聞記事を毎日読んでいることもあり、「長いっ!」と感じることはなく、難易度もそんなに高かったようには感じませんでした。これはやはり英検やTOEIC、TOEFLと同様に長文を読むことに慣れ、かつ速読できるようになる必要がありそうです。


この「実用ベトナム語技能検定試験」がスタンダードとなっていくのかはまだ分かりませんし、今後新たな検定試験が登場する可能性もあります。実用ならばスピーキングがあった方がいいような気もしましたし、現状では出題範囲もいまいち明確でないのがネックではありますが、力試しに受験してみては?というのが感想です。


ただし…

以前に、日本語能力試験の1級に2度合格したことがあるというベトナム人の男性と一緒にお仕事をする機会があり、こちらの言うことがなかなか伝わらなかったり、男性の言うことをこちらが理解できなかったり…という問題にぶつかったことがありました。「1級」と聞くと読み書き会話をネイティブに近いレベルでできると思いがちですが、「試験慣れ」しているのと、「実地」はまた別物…ということも⁉


第3回は2019年6月23日(日)に実施予定とのこと。学習者の方は挑戦してみては?

ベトナム語通訳翻訳者 田崎広野

フリーランスベトナム語通訳翻訳者 田崎広野の活動を紹介する個人ページ

0コメント

  • 1000 / 1000